クラビットは感染症に有効

クラビットとは感染症に効果を発揮する薬の一つです。
細菌性の感染症に対する薬なので、皮膚感染症や耳・鼻などの症状、さらに淋病尿道炎などにも処方される事があります。
抗生物質なので、体内に菌を殺菌する目的で利用します。
その為、症状が軽くなってきた、もう気になるほどではなくなったからと言って服用をやめてしまうと、菌自体に耐性が出来てしまい、次に服用したとしても効果を発揮できなくなる事があるので注意が必要です。
病院で処方された場合は処方された量を全て飲んでしまうようにしましょう。
基本的に細菌に効果がある薬ですが、クラミジアやマイコプラズマにも効果を発揮します。
良く効く薬なのですが、他の薬に比べると比較的副作用は出にくい部類です。
ただ出方に関しては体質によっても違うので注意しましょう。
主な副作用としては、発疹・痒みなどです。
また日光にあたると痒みがでてしまったりする事もあるので注意しましょう。
今までは平気でも、急に薬を服用し始めてから痒みが出てきたという人は、服用をやめて医師・薬剤師に相談する必要があります。
それ以外の症状としては、のどの渇きや吐き気・嘔吐が起きてしまう可能性もあります。
下痢の症状が続くという時は、すぐに病院に相談するようにしましょう。
クラビットは誰でも利用する事が出来る物ではありません。
妊娠している人、小児、クラビットの成分に対してアレルギーがある人には処方できないので注意しましょう。