疲労やストレスでヘルペスは目を覚ます

ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスに感染する事で発症する症状です。
一度感染すると知覚神経節に潜伏し続けてしまうので、人によっては何度も再発を繰り返す事があるので注意しましょう。
特に疲れ・胃腸障害・ストレス・日光・発熱などによってウィルスが目覚めてしまう事があります。
一度ヘルペスを発症した事がある人は、もしかしたら再発する可能性があるという事を理解しておきましょう。
症状としては水ぶくれ・痛み・発熱・倦怠感などです。
口腔内にできる事もありますが、大体2週間程度で治る事が多い物となっています。
しかしアトピーの人は広範囲に水ぶくれが出来てしまう事があるので注意が必要です。
耐性がある人などは放置しておいても自然に治っていく事が多々ありますが、水ぶくれが気になる時などは皮膚科に行くと薬を処方してもらう事が出来ます。
そこで処方されるのがバルトレックスです。
これは抗ウィルス薬の一つで、これを服用する事によって症状を治していく事が可能です。
基本的には症状が出ている時に服用しますが、頻繁に再発する人などはバルトレックスを毎日服用するという治療法が選択される事もあります。
バルトレックスはヘルペス以外にも、水ぼうそうなどにも処方される薬です。
痛風や喘息の薬と一緒に服用すると下痢や吐き気などの副作用が出やすくなってしまう事があるので、既に薬を服用している人は医師にそのことを伝えるようにしましょう。
腎臓の機能が落ちている人、高齢者などはどうしても薬の排出スピードが遅くなってしまう事があるので、慎重に服用する事が重要です。