色々な検査キット

性病検査の方法は病院、保健所、検査キットにて行えます。
病院で検査してもらうのが最も一般的な方法でしょう。
性病検査の旨を伝えれば検査してもらうことができます。
ちなみに症状が出ていない段階での検査では健康保険適用外となっているケースが多いため、医療費は全て実費になります。
目安として6000円~2万円程度、検査項目が多くなるほど費用がかかるでしょう。
受診科目は泌尿器科、産婦人科、皮膚科、小児科などです。
検査手段は医師の問診・検診を受け、尿や血液を採取して検査します。
保健所では全国の保健所にて検査が行え、また検査費用は原則無料となっています。
また、匿名で検査を受けることができるので個人情報を伝える心配はありません。
ただし主にはHIV感染の検査をおこなっており、全ての性病検査を行っているわけではないので検査できる項目には限りがあります。
そこは理解して受けてください。
検査実地日時は平日の昼間に週1回程度、受けられる人数にも上限があります。
検査キットは最近になって普及してきた検査方法です。
HIV検査キットを購入し、キット付属の器具を使って自身で血液や粘膜を採取、それを検査機関へ送り検査してもらった上で検査結果が通知されます。
手軽ですし人に見られることもありませんので、もしかしたら・・・という程度の疑いで、大事にしたくはない場合に利用されるケースが多いようです。
それぞれメリット・デメリットがあるので、自身に適した手段で検査してください。